自民党の二階俊博幹事長は15日、新型コロナウイルス感染がさらに拡大した場合に東京五輪・パラリンピックの中止が選択肢になるとした自身の発言について「何が何でも開催するのかと問われれば、それは違うという意味で発言した」と釈明する文書を発表した。併せて「自民党として安全、安心な大会の開催に向け、しっかり支えていくことに変わりはない」と明記し、真意は開催成功にあると強調した。

 開催の可否は大会関係者が決定することだと指摘するとともに「ぜひ成功させたいという思いだ」と改めて言及した。