レスリングのアジア選手権第5日は17日、カザフスタンのアルマトイで男子フリースタイル5階級が行われ、65キロ級で東京五輪代表の乙黒拓斗(自衛隊)が2連覇を果たした。優勝した2018年世界選手権の決勝で対戦したバジュラン(インド)が決勝を負傷棄権。闘うことなく勝利が決まった。

 22歳の乙黒拓は初戦のウズベキスタン選手にテクニカルフォールで快勝。準決勝のイラン選手にも序盤から攻守で圧倒し、寄せ付けなかった。

 他の日本勢は男子フリーで57キロ級の竹下雄登(日体大)と97キロ級の石黒峻士(新日本プロレス職)が3位に入った。(共同)