鳥取県の平井伸治知事は22日の記者会見で、5月21〜22日に予定している県内の東京五輪聖火リレーで、伯耆町出身でタレントのイモトアヤコさんと、八頭町出身でバルセロナ五輪のマラソン銀メダリストの森下広一さんがランナーを辞退したと明らかにした。

 全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大していることや、著名人が公道を走ると観客が密集する事例があったことから、県は2人の事務所に対し、辞退してもらうよう大会組織委員会を通じて要請していた。2人とも、県外から観客が訪れることで感染を拡大させる可能性を心配していたといい、森下さんはスケジュールの都合も合わなかった。