5日に札幌市で行われた東京五輪のマラソンのテスト大会を視察した世界陸連のセバスチャン・コー会長が7日、大会組織委員会の橋本聖子会長と東京都内で会談し「成功裏に終えることができた。東京大会のマラソンは非常に成功するのではないかと思っている」と自信を見せた。

 テスト大会では、沿道での応援自粛要請や、選手らの厳格な行動管理といった新型コロナウイルス対策が取られた。コー氏は「選手も受け入れ、安心材料になったという声も聞こえてくる。非常にうまくいったのではないか」と評価した。

 コー氏は9日に国立競技場で行われる陸上のテスト大会も視察する。