東京五輪の聖火リレーは8日午後、長崎県の五島市、対馬市と離島を巡った。九州本土へ戻り、プロ野球のダイエー(現ソフトバンク)などで活躍した地元出身の城島健司さん(44)が、佐世保市でゴールした。

 城島さんは「自分が生まれた佐世保でランナーに選ばれ、改めて野球に出会えたことに感謝しながら走った」とし、五輪に向け「アスリートが努力を発揮できるよう、どんな形でも日本で開催されることを願っている」と語った。

 五島市を走った市ふるさと大使のシンガー・ソングライター龍崎鬼一朗さん(38)は「五島の元気が日本の元気につながればいい」と話した。