東京五輪・パラリンピックの感染症対策について討論する日本感染症学会のシンポジウムが9日、横浜市で開かれ、国際医療福祉大の和田耕治教授は「五輪と関係ない人の医療提供体制に影響を与えないため、新型コロナウイルスの感染状況を政府の分科会が示したステージ2相当に維持するなどして感染を抑えることが重要だ」と述べた。

 和田氏はオンラインで参加。感染拡大のリスクを減らすには「選手や関係者への対策をしっかりやったと国民に示さないといけない」と指摘。さらに競技やイベントごとにリスク評価を実施して、対策が難しい場合は「中止を含めた選択を早めに検討することが必要だ」と訴えた。