J1神戸は11日、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(37)との契約を2023年まで延長することに合意したと発表した。18年に結んだ契約は今年までだった。東京都内で記者会見したイニエスタは「3年前と同じ熱い思いで挑み続けたい」と話した。

 イニエスタは昨年12月、初出場で4強入りしたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で右脚を負傷して手術を受け、リハビリを経て今月1日のJ1広島戦で戦列に復帰していた。

 スペイン1部の強豪バルセロナで数々の実績を残し、W杯南アフリカ大会で母国の初優勝に貢献した世界的名手。18年にバルセロナを退団し、神戸に加入した。