自転車トラック種目のネーションズカップは13日、香港で開幕し、日本は深谷知広、小原佑太(日本競輪選手会)中野慎詞(日本競輪選手養成所)の3人で臨んだチームスプリント(TS)で優勝した。出場4チームの予選を1位通過し、決勝ではスペインを下した。

 東京五輪男子オムニアム代表の橋本英也(日本競輪選手会)ら4人の男子4000メートル団体追い抜きは、出場3チームで3位だった。今回はトラック種目の五輪代表計6人が全員参加、海外での大会は本番前最後。

 ワールドカップ(W杯)から改称されたネーションズカップは、今回が初開催となる。(共同)