勤務医の労働組合「全国医師ユニオン」は13日、「新型コロナと闘う医療従事者に東京五輪のボランティアを求めるなど無責任。今要請すべきは医療体制確保とワクチン接種への協力だ」として、五輪の開催中止を政府に要請したと明らかにした。

 開催中止の要請書を同日、厚労省に提出。首相に宛てて内閣府にも郵送したという。要請書では、変異株が世界的に脅威となっているとし、「五輪は危険なウイルスの結集と拡散、さらに新たな変異株を生む環境を作り出す」と指摘。

 植山直人代表は、五輪を目指す選手へ配慮しながら「海外では五輪が危険と報道され、われわれも声を上げる必要がある」と訴えた。