J1のG大阪は14日、宮本恒靖監督(44)の契約を13日付で解除したと発表した。当面は元監督の松波正信強化アカデミー部長(46)が指揮を執り、後任の人選を急ぐ。

 G大阪は3月に新型コロナウイルスの集団感染が発生してチーム活動を一時停止した影響もあり、3ゴールと得点力不足で、リーグ戦10試合を消化して1勝4分け5敗の勝ち点7で18位と降格圏内にあえいでいる。

 宮本氏は2018年7月に成績不振で解任されたクルピ監督の後任として、U―23(23歳以下)G大阪監督からトップチーム監督に就任。昨季は2位、天皇杯全日本選手権準優勝など好成績を残していた。