東京五輪・パラリンピックの中止を求めてオンラインでの署名活動に取り組む元日弁連会長の宇都宮健児氏が14日、大会を開催しないよう求める要望書を東京都庁で提出し、記者会見した。署名は今月5日からインターネットサイト「Change.org」で募り、既に賛同者が35万人を超えている。

 宇都宮氏は会見で「短期間で多く集まり、国内外で報道されて大変勇気づけられた。各種の調査でも中止を求める声が多く、世論を反映した署名だ」として、署名活動については「大会中止が決まるまで続けたい」との意向を示した。