東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は14日、参加者向けの新型コロナ対策について「順守していただかなければ何の役にも立たない」と述べ、監視態勢の整備が必要との認識を示した。感染対策や行動制限のルールなどをまとめた「プレーブック(規則集)」を順守しているかどうかをチェックするため「監視員」を配置する方針で、必要な人数を政府と検討していると明らかにした。

 選手以外の大会関係者の削減に関しては「アスリートの環境を整えていくためにも、むやみに減らすことはできない」としつつ、人数が減れば「コロナ対策をしやすくなる。できるだけ削減を検討する」と述べた。