【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBAは14日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は本拠地ワシントンでのキャバリアーズ戦に先発し、34分10秒のプレーで14得点、3リバウンドだった。チームは120―105で勝って33勝38敗とし、東カンファレンスの7〜10位によるプレーオフ進出決定戦の出場を決めた。レギュラーシーズンは残り1試合。

 ラプターズの渡辺雄太は、マーベリックス戦を欠場した。チームは110―114で敗れ、6連敗で27勝44敗。既にプレーオフ進出決定戦出場は逃している。