東京五輪で新採用される自転車BMXフリースタイル・パークで、昨年9月に左足かかとを骨折した五輪男子代表の中村輪夢(ウイングアーク1st)が15日、茨城県境町で行われたマイナビ・ジャパンカップで実戦復帰した。大けがの影響を感じさせず、エリートクラスを86.00点の予選1位で通過し「緊張したけど、そこそこの走りができた」と笑顔で話した。

 19歳の五輪メダル候補は後方宙返りしながら車体とハンドルをそれぞれ1回転させる技や、負傷前に完成させた新技などを入れた高難度の走りを披露。16日の決勝へ「絶対に勝たないといけない大会。しっかり優勝したい」と気を引き締めた。