バスケットボール女子の国際強化試合は13日、横浜武道館で行われ、世界ランキング10位の日本は同48位のポルトガルとの第3戦に67―58で勝ち、3戦全勝で終えた。東京五輪代表12人は今月下旬に決まる。

 代表候補16人で臨んだ日本は、第1クオーターは赤穂ひ(デンソー)の得点などで24―13とリード。その後は林(ENEOS)の3点シュートなどで加点し、後半は相手の厳しい守備に苦しみながらも振り切った。強化試合は残り2試合で、五輪前の7月にベルギー、プエルトリコと行う。