政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長らでつくる専門家有志の会は18日、東京五輪・パラリンピックを報道するに当たり、感染拡大につながりかねない報道を避けるよう求める要望書を日本新聞協会と日本民間放送連盟に申し入れたと発表した。

 要望書では「パブリックビューイングで熱狂する観衆」や「沿道でマラソンを応援する観衆」が記事や映像で報道されると「人々に感染症対策の上で脆弱な行動を喚起しかねず、避けるべきだ」とした。

 その上で「感染症対策との両立を考えれば、今回の五輪・パラがメディアだけを通じて経験するイベントにとどめる必要がある」との見解を示した。