西村康稔経済再生担当相は20日のNHK番組で、東京五輪期間中に新型コロナウイルスの感染が拡大し医療提供体制が悪化すれば緊急事態宣言をちゅうちょなく発動すると改めて述べた。その際は無観客での開催が視野に入るとの考えを示した。

 政府は緊急事態宣言中のスポーツや音楽といった一般のイベントの観客数を最大5千人と決めており、無観客を要請する場合もある。西村氏は、五輪も一般のイベントの対応が参考になるとした上で、観客数などは「(政府や大会組織委員会などの)5者協議において適切に判断されていく」と述べた。