日本陸上競技連盟は22日、男子50キロ競歩の2019年世界選手権覇者で東京五輪代表の鈴木雄介(富士通)がコンディション不良のため、五輪を辞退すると発表した。補欠の勝木隼人(自衛隊)が代わりに出場する。

 33歳の鈴木は所属先を通じ「金メダルを獲得することを強く望んで練習に取り組んできました。しかし、自分が望む結果を得るための状態まで仕上げていくことは困難と判断し、今般の決断に至りました」との談話を出した。