標高約1750メートルの長野県東御市で合宿をしている競泳東京五輪代表の一部が22日、オンラインで取材に応じ、男子の瀬戸大也(TEAM DAIYA)は23日で開幕まで1カ月となる五輪へ「しっかりコンディションをつくって、五輪で一発目からいい成績で泳げるようにしたい」と意気込みを語った。

 瀬戸は7月21日午前まで東御市で練習してから東京都内へ戻る。同24日に予選がある本命の400メートル個人メドレーの直前まで心肺機能の向上などに効果がある高地で強化を続ける。

 平井伯昌監督は7月19日に競泳陣のほとんどが選手村に入ることを明かした。