東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、大会会場でのアルコール飲料の販売をやめ、飲酒を禁止すると発表した。新型コロナウイルス感染症対策として時間帯などに制限を設けるなどして提供する方向で検討に入っていたが、厳しい批判にさらされ、与野党からも異論が出ていた。

 記者会見した組織委の橋本聖子会長は「少しでも国民に不安があれば、断念しなければならない」と述べ、スポンサー契約を結ぶアルコール飲料会社「アサヒビール」の同意も得たことを明らかにした。関係者向けラウンジも酒類の提供を見送る。観客のアルコール飲料の会場持ち込みについては、もともと禁止する方針だった。