ヤマハ発動機は23日、静岡市内で記者会見を開き、来年1月に始まるラグビーの新リーグに向けて会社を設立し、チームの名称を「静岡ブルーレヴズ」にすると発表した。ヤマハで活躍し、現役を引退した元日本代表FBの五郎丸歩氏が営業活動などの業務に携わる予定。

 静岡県磐田市に事業所を構え、県に根差して地域のスポーツ振興にも取り組む。チームのエンブレムは青を基調とし、ヤマハの初代ジャージーのデザインや富士山などをモチーフにした。山谷拓志社長は会見で「世界を魅了するプロのラグビーチームをつくり、事業として成立させたい」と意気込みを語った。