プロ野球巨人は23日、東京都文京区の東京ドームで、新型コロナ感染防止対策として、せきやくしゃみで発生する飛沫をレーザー光線で可視化し、拡散状況を確認する実験を行った。マスク着用の有無や空調条件の変化が、飛沫や微粒子の拡散にどう影響するかなどを調べた。

 マスクを正しく着用すると飛沫の拡散を防げた一方、マスクを着けなかったり鼻を出して着用したりした場合は前方席への拡散が見られた。東京ドームの岡佳和常務執行役員は「マスクの正しい着用方法のアナウンスも必要だと感じた。ファンの皆さんに安心してお楽しみいただける観客数を、常に注視しながら運営していく」と話した。