サッカー男子1次リーグA組の日本は25日午後8時からの第2戦(埼玉スタジアム)で2連勝を懸け、同じ勝ち点3のメキシコと対戦する。日本は勝てば準々決勝進出が決まる可能性がある。24日は千葉県習志野市内で最終調整し、堂安(PSVアイントホーフェン)は「突破を早く決められるのに越したことはない。勝ちにいく」と気合を入れた。

 練習は冒頭だけ公開され、南アフリカとの第1戦で決勝点を挙げた久保建(レアル・マドリード)や吉田(サンプドリア)がパス回しで体を温めた。左足首痛で初戦を欠場した冨安(ボローニャ)も練習に復帰した。