競泳の予選が始まり、男子400メートル個人メドレーで前回銅メダルの瀬戸大也が4分10秒52の全体9位、井狩裕貴が4分12秒08の同11位にとどまり、ともに決勝進出を逃した。女子400メートルリレーは五十嵐千尋、池江璃花子、酒井夏海、大本里佳の日本が3分36秒20の全体9位で落選した。

 女子400メートル個人メドレーの大橋悠依は4分35秒71の全体3位で決勝に進んだが、谷川亜華葉は落選。男子100メートル平泳ぎは武良竜也が全体11位で準決勝に進出。佐藤翔馬は敗退した。