国際ゴルフ連盟は25日、世界ランキング1位で東京五輪の優勝候補だったスペイン代表のジョン・ラームが出発前に受けた新型コロナウイルスの検査で陽性となり、参加できなくなったと発表した。手続き上の理由でスペインからは代替選手を出さない。

 ラームは6月の試合中にも陽性が判明し、途中で棄権。その2週後にメジャーの全米オープン選手権を制していた。

 また、メジャー1勝で米国代表のブライソン・デシャンボーも出発前に陽性判定が出て不参加に。代わりに出るパトリック・リードはリオデジャネイロ大会に続いて連続出場となる。