ドミニカ共和国オリンピック委員会は24日、野球の東京五輪代表に選出されていたディエゴ・ゴリス内野手を代表チームから外すと発表した。6月にメキシコで行われた東京五輪最終予選の期間中に受けたドーピング検査で大麻の成分が検出されたことが分かり、3カ月の出場停止処分を科した。代替選手は未定。

 ドミニカ共和国は、28日に福島市の福島県営あづま球場で日本と初戦を戦う。(共同)