トライアスロン男子で、ニナー賢治(NTT東日本・NTT西日本)が1時間46分24秒で14位、小田倉真(三井住友海上)は1時間47分3秒で19位だった。ブルンメンフェルト(ノルウェー)が1時間45分4秒で優勝した。

 ニナー賢治の話 ベストなパフォーマンスを出せた。とても興奮している。ランの5キロから10キロが一番苦しくて、脚がけいれんしかけたが、最後まで頑張った。