サーフィン3回戦で男子は五十嵐カノア(木下グループ)がワイダ(インドネシア)を2.00点差の14.00点で下して準々決勝に進出した。大原洋人もトゥデラ(ペルー)に0.37点差の10.00点で競り勝ち、8強入りした。

 女子は都筑有夢路がプロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)年間4位のウェストンウェブ(ブラジル)を1.33点差の10.33点で破り、ベスト8進出。前田マヒナは同6位のマークス(米国)に7.59点差の7.74点で敗れた。