柔道の男子73キロ級は大野将平が決勝で延長の末に前回銅メダルのシャフダトゥアシビリ(ジョージア)に優勢勝ちし、2016年リオデジャネイロ五輪から2連覇した。日本男子の連覇は04、08年と66キロ級を制した内柴正人以来で4人目。京都市出身の在日3世、安昌林(韓国)が銅メダルを獲得した。

 29歳の大野は初戦から3試合を一本勝ち、準決勝はツォグトバータル(モンゴル)に延長で優勢勝ちした。

 女子57キロ級で初出場の芳田司は準決勝でジャコバ(コソボ)に敗れ、3位決定戦でリパルテリアニ(ジョージア)に一本勝ちして銅メダルを獲得した。同級は日本勢が3大会連続メダル。

 大野将平の話 リオデジャネイロ五輪後の苦しくてつらい日々を凝縮したような、そんな一日の闘いだった。後半は厳しい闘いが続いて、五輪の場で(しっかり組んで勝つ)理想を体現する難しさを感じた。(五輪開催に)賛否両論あることは理解している。われわれアスリートの姿を見て、何か心動く瞬間があれば光栄に思う。

 芳田司の話 金メダルを目指していたので悔しい。まだまだ力が足りない。(3位決定戦では)絶対に銅メダルを取ってやろうと思っていた。