東京五輪第4日の26日、スケートボード・ストリート女子で西矢椛(ムラサキスポーツ)が金メダルに輝いた。13歳10カ月26日での表彰台は、1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎを14歳6日で制した岩崎恭子の日本最年少記録を塗り替えた。

 西矢は予選を2位で通過。決勝でも冷静な試合運びが光り、段差の高い階段に添えられた大きなハンドレール(手すり)を使って多彩な技を決めた。25日に男子を制した堀米雄斗(22)=XFLAG=に続き、米国発祥の五輪新競技で台頭著しい日本の強さを印象づけた。