東京五輪第5日の27日、ソフトボールの日本が決勝で米国を2―0で破り、金メダルに輝いた。先発のエース上野由岐子(39)=ビックカメラ高崎=が好投、前回実施された2008年北京五輪に続く優勝に導いた。ソフトボールは24年パリ五輪で再び競技から外れる。

 柔道の男子81キロ級で前回銅メダルの永瀬貴規(27)=旭化成=が金メダルを獲得し、今大会で日本の金メダルは10個となった。柔道の日本男子は初日から全4階級を制覇。男子の金メダル4個は1984年ロサンゼルス五輪と並んだ。女子63キロ級の田代未来(27)=コマツ=は2回戦で敗退した。

 新競技のサーフィンは男子の五十嵐カノア(23)=木下グループ=が銀メダル、女子の都筑有夢路(20)は銅メダル。重量挙げ女子59キロ級の安藤美希子(28)=FAコンサルティング=も銅メダルを取った。

 サッカー女子の日本はチリに1―0で勝ち、8強入りした。

 テニス女子シングルスで大坂なおみ(23)=日清食品=は3回戦で敗れた。