競泳の予選は、男子の200メートル背泳ぎで入江陵介(イトマン東進)が1分56秒97の全体8位、砂間敬太(イトマン東進)が1分57秒07の9位となり、ともに準決勝へ。200メートル個人メドレーの萩野公介(ブリヂストン)は1分57秒39の5位、瀬戸大也(TEAM DAIYA)は1分58秒15の16位で突破した。女子の200メートル平泳ぎで渡部香生子(JSS)は18位、800メートルリレーの日本(五十嵐、白井、池本、増田)は9位で敗退した。