トランポリンの公式練習が29日、会場の有明体操競技場で行われ、日本勢は女子の森ひかるら4人が台の感触を確認した。同じ会場だった2019年世界選手権で初優勝したエース森は「世界選手権とは雰囲気が全然違う。東京2020と会場中に書いてあって、これが五輪だなと思った」と笑顔を見せた。

 男子の堺亮介は26日に同じ会場で体操男子団体総合決勝を観戦。大接戦で銀メダルとなった日本の戦いぶりに「絶対失敗できない状況で会心の演技をばんばんして、すごいかっこ良かった。会場の雰囲気を変えるような演技を自分もやりたい」と刺激を受けた様子だった。