柔道の男子100キロ級は、初出場のウルフ・アロンが決勝で2018年世界選手権優勝の趙グハム(韓国)に延長の末に一本勝ちし、金メダルを獲得した。今大会の日本男子5個目の金メダルで、現行より一つ多い8階級で争った1984年ロス五輪を上回り史上最多となった。100キロ級では現日本男子監督の井上康生が制した00年シドニー大会以来の優勝。

 女子78キロ級は初出場の浜田尚里が決勝で19年世界選手権優勝のマロンガ(フランス)に一本勝ちし金メダルを獲得した。この階級の優勝は04年アテネ五輪の阿武教子以来。今大会、男女合計8個の金メダルはアテネ大会に並ぶ最多。

 ウルフ・アロンの話 自分の持ち味はああいう泥くさい柔道。最後まで貫いて勝つことができてよかった。練習量だけは誰にも負けない。接戦になればなるほど持ち味が出てくると信じて闘った。目標だった東京五輪で優勝できてとても感慨深い。井上(康生)先生が取ってから20年以上金メダルがない階級。僕が取り戻してやろうと闘った。最高です。

 浜田尚里の話 絶対に金メダルを取りたいという気持ちでやっていた。一戦一戦に集中して闘った。(決勝で対したマロンガに)いつも負けていたので、同じやられ方をしないように対策してきた。今回は絶対に負けないという気持ちで闘った。得意の寝技で勝ててよかった。狙っていた。