体操の女子個人総合決勝で、村上茉愛(日体ク)は4種目合計56.032点で5位に入り、日本勢で1960年ローマ、64年東京両五輪で6位の池田敬子を上回る最高順位となった。村上は床運動で全体トップの14.000点をマークしたが、女子の個人種目で日本勢初の表彰台に1.167点及ばなかった。

 リー(米国)が57.433点で初優勝し、米国勢が5連覇。アンドラデ(ブラジル)が2位、メルニコワ(ROC)が3位だった。

 予選の得点を持ち越さず、計4種目の合計得点で争われた。予選1位の2016年リオデジャネイロ五輪4冠のバイルス(米国)は棄権した。

 村上茉愛の話 団体(総合)決勝で右肘を痛めて、昨日の時点では試合に出るのはどうかなって思うくらいだった。でも、東京(五輪)のために体操をやってきて、そのくらいのことで諦めたくなかった。変な緊張はなく、やっと本来の自分の演技ができた。