アーチェリー女子個人で早川漣(デンソーソリューション)と中村美樹(ハードオフ)は3回戦で敗退し、日本勢は準々決勝進出を逃した。

 早川は安山(韓国)に4―6で競り負けた。第1セットを先取したが、4―4で迎えた第5セットを落とした。中村は劣勢が続き、呉佳欣(中国)に1―7で敗れた。

 早川を下した安山が混合団体と団体に続いて金メダルに輝き、3冠を達成した。