野球の1次リーグ最終戦でA組の日本はメキシコに7―4で逆転勝ちし、2勝0敗として同組を1位で突破した。B組は米国が韓国を4―2で破り、2連勝で1位通過を決めた。8月2日の準々決勝で日本と米国が対戦する。

 日本は0―1の二回に甲斐(ソフトバンク)の適時打で追い付き、三回に浅村(楽天)の投ゴロの間に勝ち越した。四回に山田(ヤクルト)の3ラン、七回に坂本(巨人)のソロでリードを広げ、4投手の継投で逃げ切った。

 A組はドミニカ共和国が1勝1敗で2位、メキシコが0勝2敗で3位だった。B組は韓国が1勝1敗で2位、イスラエルが0勝2敗で3位。