トランポリン男子決勝で予選6位の岸大貴(ポピンズ)は57.815点をマークし、7位となった。予選の得点は持ち越さず、予選1位のリトビノビッチが61.715点で初の金メダルを獲得し、ベラルーシ勢が2連覇となった。

 2012年ロンドン五輪覇者の董棟(中国)が2位に入り、08年北京五輪から4大会連続の表彰台。2連覇を狙ったハンチャロウ(ベラルーシ)は4位だった。

 堺亮介(バンダイナムコアミューズメント)は予選で第1、第2演技ともにミスが出て15位で敗退。世界選手権4連覇の高磊(中国)も14位で予選落ちした。