サッカー男子の準々決勝で、1次リーグA組を3連勝の首位で通過した日本はB組2位のニュージーランドと対戦し、延長を終えて0―0からのPK戦を4―2で制し、2012年ロンドン五輪以来の4強入りを決めた。8月3日の準決勝で、コートジボワールを延長の末に5―2で下したスペインと顔を合わせる。

 前回覇者のブラジルはエジプトに1―0で勝利。2大会ぶりの優勝を狙うメキシコは韓国を6―3で退けた。