重量挙げ男子96キロ級で山本俊樹(ALSOK)はスナッチで日本記録の168キロをマークしたが、ジャークで3回とも失敗し記録なしに終わった。エルバフ(カタール)がスナッチ177キロ、ジャーク225キロ、トータル402キロで金メダルを獲得した。

 男子81キロ級は呂小軍(中国)がスナッチ170キロ、ジャーク204キロ、トータル374キロで優勝した。