体操の種目別決勝は男子あん馬で予選7位の萱和磨(セントラルスポーツ)が14.900点をマークし、銅メダルを獲得した。日本勢で2004年アテネ五輪銅メダルの鹿島丈博以来4大会ぶりの表彰台。予選2位の亀山耕平(徳洲会)は演技の乱れが響き、14.600点で5位だった。ウィットロック(英国)が15.583点で2連覇した。

 男子床運動はドルゴピャトが14.933点でイスラエル勢初の金メダルを手にした。

 女子跳馬は個人総合2位のアンドラデが15.083点でブラジル勢初の金メダル。段違い平行棒はデルワール(ベルギー)が15.200点で初優勝した。