東京五輪第10日の1日、レスリングの男子グレコローマンスタイル60キロ級で文田健一郎(25)が2日の決勝に進み、銀メダル以上を決めた。女子76キロ級の皆川博恵(33)は準決勝で敗れ、3位決定戦に回った。

 体操は男子種目別のあん馬で萱和磨(24)が銅メダルを獲得し、この種目では日本勢4大会ぶりのメダル。亀山耕平(32)は5位だった。

 ボクシング女子はフライ級の並木月海(22)が4日の準決勝へ進出。3位決定戦がないため、銀以上を決めているフェザー級の入江聖奈(20)に続き、表彰台が確定した。

 ゴルフ男子は最終ラウンドを行い、松山英樹(29)が通算15アンダーで並んだ7人によるプレーオフの末、銅メダルを逃した。

 競泳最終日は男女の400mメドレーリレーが行われ、日本の男子は日本新記録で6位、池江璃花子(21)らの女子は8位。