男子板飛び込み準決勝で、6度目の出場となる40歳の寺内健(ミキハウス)が424.50点の7位となり、2008年北京五輪以来となる決勝進出を果たした。シンクロ板飛び込みを制した謝思エキ(中国)が543.45点の1位で通過した。