体操の種目別決勝の男子鉄棒は橋本大輝が15.066点で金メダルを獲得し、個人総合と2冠を達成した。団体総合の銀メダルを合わせ、今大会で3個目のメダル。北園丈琉は離れ技で2度落下し、12.333点で6位だった。

 女子平均台は補欠1番手だった芦川うららが繰り上がりで出場し、13.733点で6位だった。

 精神的ストレスを理由に個人総合などを棄権した2016年リオデジャネイロ五輪4冠のバイルス(米国)が14.000点で2大会連続の銅メダルを獲得した。管晨辰(中国)が14.633点で初の金メダル。

 男子平行棒は鄒敬園(中国)が16.233点で初優勝した。

 橋本大輝の話 最後は着地勝負になってくると思った。止まって良かった。追われる立場にはなると思うが、世界チャンピオンとして譲らず、気持ちもおごらず、自分の理想の演技を突き詰めて、また世界一を取り続けていきたい。