ゴルフ女子の第2ラウンド(パー71)で、稲見萌寧は1イーグル、5バーディー、1ボギーの65で回り、通算7アンダーの135で前日の16位から、首位と6打差の6位に浮上した。

 同じく前日16位の畑岡奈紗は4バーディー、1ボギーの68で通算4アンダーとして11位。フィリピン代表の笹生優花は68で回り、通算イーブンパーの34位だった。

 世界ランキング1位のN・コルダ(米国)が62をマークし、通算13アンダーで首位に立った。4打差の2位にマドセン(デンマーク)ら3人が続いた。

 60選手で争い、予選落ちはない。