東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は5日、2024年パリ五輪・パラ組織委のエスタンゲ会長と東京都内で面会し、パリ大会成功への連携を確認した。「3年後、素晴らしい大会になるように託したい」と述べ、聖火リレー用のトーチをプレゼントした。

 パリ五輪ではマラソンコースを一般観客が走ることができる企画もあり、エスタンゲ氏は橋本氏にシャツを手渡して招待した。新型コロナウイルス禍で開催された東京大会について「困難な状況の下で非常に成功した大会だ」と強調。「みなさんは金メダルをもらうべきだ」と運営の努力を称賛した。