バスケットボールの第97回天皇杯全日本選手権(日本バスケットボール協会主催、共同通信社共催)は20日、愛知県蒲郡市民体育センターで男子2次ラウンドの6回戦が行われ、Bリーグ3部の静岡、A千葉、長崎、豊田合成が23日の7回戦に進んだ。

 静岡は岩手に93―78、A千葉はBリーグ勢以外で唯一勝ち残っていたJR東日本秋田を95―63で下した。長崎は埼玉に91―76で勝ち、豊田合成は山口に105―77で快勝した。7回戦ではA千葉と静岡、豊田合成と長崎が顔を合わせる。

 新型コロナの影響で大会は規模を縮小して開催。Bリーグ1、2部勢は3次ラウンド以降に参戦する。