日本ラグビー協会は21日、10、11月のテストマッチに向けた日本代表候補として、フランカーのリーチ(東芝ブレイブルーパス東京)、ナンバー8姫野(トヨタヴェルブリッツ)ら39人を発表した。春シーズンの参加を辞退したSH流(東京サントリーサンゴリアス)は含まれたが、フッカー堀江(埼玉パナソニックワイルドナイツ)は引き続きコンディション面を考慮して入らなかった。

 代表候補は29日から合宿に入り、10月16日までは宮崎市で、その後人数を絞って大分県別府市で27日まで続ける。

 日本代表は10月23日に昭和電工ドーム大分でオーストラリア代表と対戦する。