陸上の全日本実業団対抗選手権は24日、大阪市のヤンマースタジアム長居で開幕し、女子1500メートル(タイムレース)は東京五輪5000メートル代表の萩谷楓(エディオン)が4分11秒34で日本人最高の2位に入った。同1500メートル代表の卜部蘭(積水化学)は3位。ヘレン・エカラレ(豊田自動織機)が優勝した。

 女子1万メートル(タイムレース)はカマウ・タビタジェリ(三井住友海上)が31分52秒08で優勝。東京五輪マラソン代表の一山麻緒(ワコール)は27位だった。