自動車のF1シリーズ第15戦、ロシア・グランプリ(GP)は25日、ソチで予選が行われ、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は13番手となった。角田の同僚ピエール・ガスリー(フランス)が12番手につけた。

 マクラーレン・メルセデスのランド・ノリス(英国)がポールポジションを獲得した。レッドブル・ホンダのセルヒオ・ペレス(メキシコ)は9番手。同チームのマックス・フェルスタッペン(オランダ)はエンジン交換のペナルティーにより決勝は最後尾スタートとなった。(共同)